モエレ沼公園視察&ブラック・スライド・マントラお掃除会&ランチ会に参加して

2018/10/23 (Tue) 23:40

現在、千葉県在住の元事務局員 岡田です。

台風に地震、観光客の激減…北海道は大変なことに

なっているのではないかと、とても心配していました。

 

北海道にお金を落としに行こうと考えていたところに
「ブラック・スライド・マントラお掃除会&ランチ会」のお知らせが…
これはもう行くしかないね、と10/20(土)から1泊2日の短い期間でしたが
飛行機と宿を予約しました。

 

札幌中心部はいつもと変わりない風景でした。

 

札幌に到着してまず向かったのがモエレ沼公園です。
台風により、たくさんの木が倒れてしまったとのこと。
景色が変わってしまったのでは、と心配していたのです。

  

モエレ山、テトラマウンド、プレイマウンテンに登り景色を確かめ

園内をくまなく歩いて見て回りました。

倒木もほぼ片づけられていたので、以前と同じ風景に見えましたが、

サクラの森のあたりはまだ台風の爪痕が残っていました。

  

折れるのではなく、根っこごと持っていかれた状態で横たわっている木が何本もあり、

今回の台風の凄まじさを思い知らされました。

辺りにはチェーンソーの音が響いています。

  

完全に元通りになるには時間もお金もかかることでしょう。

ましてや市の施設です。予算の関係もあることでしょう。

しかし、そこはクオリティを落とさず復旧されることを願います。

MFCはこういうときに頼りになる存在ですよね。

私も微力ながら札幌市にふるさと納税でもしようと思いました。

 

最後に、ガラスのピラミッド内の「オンファロス」に立ち寄り、

服部さんのご冥福をお祈りしてきました。

寄贈の式典をしたのがつい最近のことのように思い出されました。

 

翌日10/21(日)、恒例のお掃除会です。

秋晴れの暑くもなく寒くもなく、気持ちの良いお天気で、絶好のお掃除日和。

この日の大通公園は、めずらしくイベントをやっていませんでした。

 

今回の参加者は14名。みなさん、もう手慣れたものでテキパキとお掃除が進みます。

  

 

30分ほどで終了しました。ブラック・スライド・マントラがキレイになって光り輝いています!

 

最後にみんなで記念撮影。

 

今回嬉しいことがありました。
滑り台を滑っていた5才くらいの女の子が

お手伝いしたいと、水拭きを手伝ってくれたのです。
こうして活動しているところを見せることで

共感を呼ぶのだな、と思った出来事でした。

 

あらためて、ブラック・スライド・マントラは子どもから大人まで、

みんなに愛されているのだなと思いました。

この場所を大切にして行きましょう。また来年、お掃除しに来ますから。
来年、赤いジャンパーの集団を見かけたら、あなたも参加してみませんか?

飛び入り大歓迎です!

 

その後、札幌ビューホテル大通公園に場所を移してランチ会。
労働後の昼間から飲むビールの美味しいこと!2杯も飲んじゃった。

(すみません、写真なしです…)
ちょっとほろ酔い気分で、名残り惜しく新千歳空港に向かったのでした。

 

1泊2日の札幌への旅は、モエレづくしの充実した旅となりました。

武満徹生誕88年記念コンサート開催のご報告

2018/07/27 (Tue) (Fri) 12:23

6月16日(土)に、武満徹生誕88年記念コンサートをガラスのピラミッドのアトリウムで開催しました。数日前から6月にしては珍しい寒さとなり、お客様にカイロを用意しなくては・・・とドキドキしていたのですが、土曜日は良い陽射しに恵まれ、暖かいアトリウムに多くのお客様をお招きすることができました。
演奏家には、MFCではお馴染みとなったフルートの小泉浩さん、ピアノの柴田千賀子さんの素晴らしいお二人、さらに小泉さんと旧知の山崎衆さん(元札響のフルート奏者)を客演にお迎えしています。
 
ピアノソロで6曲、フルートソロ等で4曲と、演奏曲の全てを武満の作品とする演奏会は全国にもそうはないでしょう。また、武満の初期から遺作まで、幅広く武満の世界を俯瞰できる曲目構成です。お客様は、このコンサートのために仙台や東京、遠くは滋賀県からもいらしていました。
 

 

会場に大きな「AKARI」を4つ並べ、まだ外は明るい18時に「雨の樹素描」でコンサートはスタートしました。大江健三郎の小説に発想を得たピアノ曲ですが、柴田さんの演奏が始まると、会場は一気に武満の世界に。この曲もそうですが、武満の作品は想像力を喚起させる詩的なタイトルが多いですね。
2曲目に小泉さんが登場し「ヴォイス」を。瀧口修造の詩の断片(声)と演奏を合わせる実験精神旺盛な作品で、小泉さんの演奏の真骨頂でもあります。以降、お二人は交互にソロを弾き合うかたちでコンサートは進行します。「2本のフルートのためのマスク」では、山崎さんが客演し、この曲だけ小泉さんとの2重奏です。マスクとは仮面劇のことですが、この仮面は能面でしょうか。
 

 
当夜のピアノ曲の白眉となった「閉じた眼Ⅱ」が終わり、最後の演奏は武満の遺作となったフルートソロの「エア」。
「エア(air)」とは歌(アリア aria)のこと、と小泉さんは説明します。
歌いたい、もっと歌いたい、と死の直前まで音楽創造に向き合った武満の気持ちが込められているそうです。
外はすっかり日が暮れて、「AKARI」の柔らかい光がアトリウムにぼうっと伸びています。
音(歌)と空間が渾然一体となった9分間の演奏で、コンサートは幕を閉じました。
 

 
 

(T.T)

飯島実さんのふしぎヒコーキワークショップ2018を開催しました!

2018/06/05 (Tue) (Fri) (Tue) 12:40

5月5日に飯島実さんのふしぎヒコーキワークショップ2018を開催しましたが、当日ボランティアをしていただいた矢野さん(大学院生)からレポートをいただきました。

 


5月5日,ガラスのピラミッド内にて「ふしぎヒコーキワークショップ」を開催しました.
講師はふしぎヒコーキ・インストラクターの飯島実さんです.
 

 

ワークショップは二部構成となっており,前半は1階のスペース1にて参加者の皆さんとふしぎヒコーキを作成しました.
今年は,発泡スチロールを薄く切り出した軽い素材を利用したふしぎヒコーキがメインでした.
素材単体でもクルクルと舞う姿が美しく,少し反りを与えるとふんわりと浮遊するように飛ぶなど,様々な飛び方を見ることができる非常に面白い素材でした.
参加者の皆さんも「このふしぎヒコーキはどんな飛び方をするんだろう?」と興味津々の様子で,スペース1狭しと作成したヒコーキを飛ばしていました.
「壁に向けて飛ばすと面白いよ」という言葉につられて,参加者の皆さんが壁沿いにずらっと並ぶという印象的な一幕もありました.
 

 
後半は場所を2階アトリウムに移して,広々とした空間で作成したふしぎヒコーキを飛ばしました.
前半で作製したふしぎヒコーキ「とんぼ」やゴムを使って空高く飛ばす「らわん」で遊びました.
特に「らわん」は,空高く飛び上がっていく勢いとクルクルと回転しながらゆっくりと降りてくる姿が対照的で,皆さん夢中になって飛ばしていました.
また,飯島先生が紙皿の中に様々なふしぎヒコーキを詰めてフリスビーのように飛ばす場面もありました.
空中で開いた紙皿から様々なふしぎヒコーキがひらひらと舞い降りてくる姿は目を引くものがあり,子供たちも大興奮の様子でした.
例年,5月5日に開催されている「ふしぎヒコーキワークショップ」,今年もみんなでふしぎヒコーキを楽しみながら無事終了することができました.
 

 
これまで毎年開催してきた本ワークショップですが,今年で一区切りとなります.
これまで参加されてきた皆さん,そして飯島先生,ありがとうございました!

MFC会員限定「春の会2018」を開催しました。

2018/05/17 (Tue) (Fri) (Tue) (Thu) 16:49

4月28日の午後、会員限定のイベント「モエレファンクラブ春の会」が、モ

エレ沼公園の「ガラスのピラミッド」で開催されました。
 
マイカーや路線バス(札幌中心部から便利なバスもあり)で、2名の新入会員も参

加し、14名が現地に集合しました。まずは、春の陽気が感じられる、「ガラス

のピラミッド」の2階で、ミーティング。出来上がったばかりのMFC通信やイサ

ムノグチに関する新聞記事の紹介のあと、6月16日に開催される小泉浩フルー

トコンサートや総会の日程などについて打ち合わせが行われました。
 
そのあとは、ガラスのピラミッドにあるオシャレなレストラン「ランファンキレー

ブ(フランス語で夢見るこども、という意味)」での楽しいランチ会。美しい公園の

景色を眺めながら、春らしいおいしいフレンチを頂き、親睦を深めました。モエレ

沼公園やイサムノグチの話等に始まり、料理、オペラ、バレエ等、どんどんと話題

が広がっていくのが、会員の交流の楽しさです。

 
さて、毎年実施の「春の会」のメインイベントは、牟礼にあるイサムノグチ庭園美

術館の視察旅行があたるクイズ大会。前年優勝の山本滋子会員からのイサムノグチ

ファンならではの難問に、大いに盛り上がり、今年の優勝は、浅野睦子会員と決ま

りました。どんな視察になるのか、レポートを楽しみにしています。

 

コンサート日和

2017/12/13 (Tue) (Fri) (Tue) (Thu) (Wed) 00:24

12月9日(土)に「みんなで一緒にモエレ冬のコンサート」を開催しました。

まだ12月初旬だというのに、モエレ山もすっかり冬の装い。

スキーかな?スノボかな?滑り跡が模様みたいで、それもまた美しいです。

 

コンサートは、昨年に引き続き、MFC会員でもある、ピアニスト・奥出かおりさん、

ソプラノ歌手・浅原富希子さんのお二人にご協力いただきました。

前日の雪の影響で集客を心配しましたが、なんのなんの。

当日参加も含め、大勢のお客様に参加していただき、ほっとしました。

 

第1部はガラスのピラミッド1Fのスペース1で、ソプラノとピアノのミニコンサートです。

奥出さんが奏でる美しいピアノの音色と、浅原さんの表情が豊かで、透き通る歌声に

子供も大人も釘づけ。

 

 

 

第1部の最後では、小さい子から、ちょっと大きなお姉ちゃんが前に出て、

一緒にコンサートを盛り上げてくれました。

お子さんが楽しんで、見ている親御さんも嬉しそうで・・・まるで楽しさの無限ループ!

こういうの大好きです。

 

 

1時間弱で第1部が終了し、休憩時間になりました。

今年は参加者全員に、モエレ沼公園のレストラン「ランファン・キ・レーヴ」さんから、

特製のお菓子のプレゼントがあったのです。とっても美味しそうでした・・・羨ましい!!

シェフの児玉さんから、4種類のお菓子の説明がありました。

美味しかったかな・・・美味しかったよね~。ミシュラン星付きレストランですもの。

 

さて、場所を2Fのアトリウムに移し、第2部の開始です。

 

季節に合わせた、おなじみのクリスマスソング♪

 

みんな楽しそう。

おや、子どもたちが前に集まってきました。これはもしや・・・

 

「さんぽ」です。昨年もこの曲で盛り上がったんですよ。

自然と子供たちが集まってきて、歌いながら行進を始めたのです。

見ているこっちも心が温かくなって、ちょっと感動して涙が出そうになったり。

いや~、今年もこの場面を見られて良かった!千葉から参加した甲斐がありました(笑)

 

そして今年も大盛況で幕を閉じました。

素晴らしい音楽、そして素晴らしい会場。生の芸術は心身に強烈なエネルギーを

与えてくれました。これでまたしばらく頑張れそうな気がします。

奥出さん、浅原さん、モエレファンクラブのみなさん、

素敵なコンサートをありがとうございました!

 

まだ参加されたことのない皆さま、来年は ぜひモエレ沼公園でのコンサートに

足を運んでみてください。きっと満ち足りた気持ちに包まれることでしょう。