モエレ沼公園ガイドツアーを開催しました!

2017/10/20 (Fri) 12:31

10月15日(日)10:00より、昨年に続く第2弾のガイドツアーが行われました。

 

昨年は「海の噴水」の内部構造を特別に観察するツアーでしたが、今回はモエレ沼公園が計画された経緯や設計段階での打ち合わせ内容・ご尽力された内容をグランドデザインを担当された斉藤事務局長と建築の実施設計、現場監理を担当された森本さん、発注者である札幌市の武市さんから直接時系列で説明していただきました。

 

特に私が興味を持った内容は、湿地帯だった地盤に深さ30mの杭で地盤が支えられている事やごみの埋め立て地だった為、発生するガスを抜く仕組みがなされてたり、ガラスのピラミッドの構造計算の件・壁やサインの材料がSUSブラック発色材になった経緯、モエレ山の内部構造、海の噴水の水流の模型実験、テトラマウンンドの表面仕上のテクスチャー習得に北海道から職人がニューヨークに赴いた話等々です。

 

そして当時北大の教授をされていた小林会長が中心となり「市民の立場で公園を盛り上げて行こう!」とモエレ沼公園のオープンに合わせたイベントを企画、イサムギャラリーでのイサム・ノグチの展覧会が開催され、この活動が現在のMFC(モエレファンクラブ)設立の基礎となり、その後、「公園の活用を考える会」として子供向けのワークショップやコンサート、間伐材の伐採や間伐材を利用した楽器作りなどのイベントを行ってきました。

 

私達のこれからの目標と課題はイベントの開催と同時進行で老朽化していく施設のパークマネジメントにどう関わっていくかです。

 

10:00~11:30の短い時間では全てを聞くことは無理でしたが、完成した現在では見えていない経緯の数々を繰り返し聞く度に、関わった方々が、困難があっても「イサム・ノグチだったらこうしただろう」という高い目標に向かって一つ一つ問題をクリアしていった努力に関心しました。公共事業でこれほど妥協せずに整備された事例は珍しいです。

 

公園計画の立ち上げから今日までモエレ沼公園に携わった方々の意志を継承し、次の世代の子供達に伝えていくにはどのようなアプローチが相応しいのか、じっくり考えたいなと思いました。

 

このような貴重なお話を土木・建築に興味を持つ学生達にも伝えたいなと思いますし、今後も施設毎のエピソードを掘り下げて聞きたいです。

 

その後は、いつも楽しみにしているランファン・キ・レーヴでのランチ。

 

珍しいピンク色のススキを窓越しに眺めながら、秋らしいサンマのスモーク等々に舌鼓・・・
充実の日曜日でした。

ふしぎヒコーキワークショップ2017開催のご報告

2017/05/18 (Fri) (Thu) 12:58

5月5日に、「ふしぎヒコーキワークショップ」を開催しました。
2004年(平成16年)の初開催から、回を重ねてなんと14回目になります。
最初のころに参加した子供たちも、もう大人!
今も、モエレ沼公園に来てくれているのかな?
今年のゴールデンウィークは快晴に恵まれ、タイミングよく桜が満開となったモエレ沼公園は、この日も大賑わいでした。

 

講師は、紙ヒコーキの元世界チャンピオン・ふしぎヒコーキのパイオニアの飯島実さん。東京から移り住んだ中標津から、いつもこの催しのために駆けつけて頂いています。
まずは1階のスペース1で、作ることを中心にしたワークショップを始めます。
熱帯雨林の樹木が放つ「飛んでいく種」をモチーフにしたふしぎな飛行物体?や、折り紙で作れてとっても良く飛ぶ「かもめ」など、1時間以上にわたって作ることに熱中しました。シンプルなようでいて、そこにはさまざまな発想や工夫が込められているんですよね。そんな秘密が惜しげなく伝授され、飯島ワールドを体験できるのは、とても貴重なことと感じます。
不器用な私も、これまでのワークショップで「かもめ」だけは完璧にマスターできたようです!

第2部は、場所を広いアトリウムに移してスタート。
天井の高さは30m!まさにふしぎヒコーキのためのような空間で、さまざまなヒコーキを飯島さんと共に飛ばして遊ぶことが中心です。飯島さんの白鳥のかたちのヒコーキのデモンストレーションもあり、まるで本物の鳥が飛んでいるみたいです。

子供たちも、ゴムで高く飛ばすヒコーキ「らわん」で遊ぶことに夢中。これは本当にいくら飛ばしても飽きないんですよね。皆さんにも公園などで飛ばして遊ぶことをお勧めしたいです。
また、皆が作ったさまざまなヒコーキをお皿に詰めてまとめて飯島さんが上に投げ上げると・・・、いろいろな飛行物体がいろんな飛び方でヒラヒラと舞い降りてきて、子供たちの目がキラキラと輝きます。

飯島さんの美しく楽しいヒコーキの世界が満喫できるワークショップは、参加者もスタッフも、そして誰よりも飯島さん自身が楽しんで、無事に終了しました。
ご参加された皆さん、ありがとうございました!

 

お二人のお子さんと参加された吉田さんから感想をいただきましたので、ご紹介します。


吉田 旺世(小学6年生)
上に高く飛ばしたロケットコプターらわんが、特に楽しかったです。種の形を一斉に飛ばしたのがとてもきれいでした。
学校でも折り紙で折る紙飛行機を作って友達と飛ばして遊びました。

 

吉田 歩倫(小学4年生)
ユニークな飛び方をする紙飛行機をたくさん見ることができて面白かったです。
前にだけではなく、上にも飛ばすことができて楽しかったです。

 

吉田 貴子(保護者)
種の形をヒントに考えられた形だということに驚きました。種の中に、あれほどの飛行距離を出せる形になっているものがあることを初めて知りました。また、飛んでる姿が綺麗なものが沢山あり、飛ばす時には距離だけではなく、美しさや高さなど楽しみ方は色々あるということがわかりました。来年のイベントも楽しみにしています。

 

 

親子で楽しむクラシックコンサート

2016/11/23 (Fri) (Thu) (Wed) 23:26

11月12日(土)

まさに小春日和の晴天。モエレ沼ガラスのピラミッドは、

初冬の太陽光をプリズムのごとく内空にたっぷりと吸収し、子供たちを迎えます。

img_4068 img_4060

ピアニスト奥出かおりさんと、ソプラノ歌手浅原富希子さんのリハーサルも順調に進み、

お二人のモチベーションも最高潮!

 

午後1時30分 開場

予想を超えるお客様にスタッフも嬉しい悲鳴!

急遽お座布団席の登場に…。

img_4070 img_4072

 

午後2時 第1部開演

第1部はイサムノグチの”AKARI”に灯された幽玄なスペース1です。

img_4075

クラシックの名曲から、ミュージカル、映画音楽まで、

おなじみの曲によるコンサートの幕開けです。

イサムの侘びの世界は、浅原さんの”歌のお姉さん”としてのパフォーマンス、

奥出さんの軽快なピアノ演奏に、子供たちのみならず、

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんの

童心に返った満面笑顔であふれました。

ブラボー!

img_4083 img_4079

 

午後3時 第2部開演

太陽もモエレ山に傾き始めました。

第2部は午後のやさしい陽光が降り注ぐアトリウム2です。

閉ざされた空間であるスペース1から、全方向天空と一体となった空間への舞台移動は

ガラスのピラミッドならではの劇的展開です。

img_4093 img_4095

解放感とともに身も心も陽光にあずけて、

さあ、みなさん、大きな声で天を仰いで歌いましょう♪

この手拍子と歌声がイサムおじさんに届きますように♪

img_4097 img_4122 img_4117 img_4132

ああ、

もっともっと子供たちに、モエレ沼公園、ガラスのピラミッドが生み出す

魅力的な札幌の四季を感じてもらいたい!

 

今日一日、雲ひとつない空を遊覧していた太陽もモエレ山への家路に向かいます。

お疲れ様でした!

そして、ありがとう!

img_4149 img_4151

 

 

2016 環境づくりWS

2016/10/17 (Fri) (Thu) (Wed) (Mon) 00:36

15日に環境づくりWSを実施しました。

この日は絶好のモエレ日和。

 

モエレ山の頂上にもこんなにたくさんの人が!

(初めて見ました)

 

今回は園路のモンタナマツの伐採です。

てっきり枝を揃える程度の作業かと思ったら

「全部切っちゃって良い」とのこと。ビックリ!

今回の参加者は11名+お子様3名。時間は2時間。さてどの程度伐採できるか?

切る、切る、ひたすら切る。

そして、みんなの頑張りで…

すっきりキレイになりましたー!!

before↓

 

時間も2時間かからずに終わりました。皆さんの頑張りがすごい!

こんなマツの山がいくつもできました。

 

最後にみんなで記念撮影。

疲れているはずですが、良い笑顔です!

この爽快感と楽しさは、体験してみないとわかりません。

園路のモンタナマツはまだまだあります。

来年も実施したいと思いますので、体験してみたい方は是非ご参加を!

 

「飯島実さんのふしぎヒコーキワークショップ2016』

2016/05/06 (Fri) (Thu) (Wed) (Mon) (Fri) 00:23

 

今年もやってきました。「ふしぎヒコーキワークショップ」。

あいにくの曇り空でしたが、たくさんの皆様に参加していただきました。

講師はおなじみ、飯島実さんです。

紙ヒコーキの正しい折り方や飛ばし方、おもしろいヒコーキの作り方、遊び方を

わかりやすく教えてくれます。

第1部のスペース1では、満員状態の中、作った紙ヒコーキに糸をつけて飛ばしました。

 

第2部では、場所をアトリウムに移し、広々とした中で飯島さんのデモンストレーション。

まるで本物の鳥が飛んでいるみたい!

 

飯島さんが何かを上に投げると・・・

中から小さな飛行物体(?)がヒラヒラと舞って、

子どもたちが夢中でつかもうとしているこの光景が大好きです。

 

今年度最初の事業が無事に終わりました。

参加者のみなさん、関係者のみなさん、お疲れ様でした!

このイベントは、毎年5月5日にモエレ沼公園で開催しています。

今年参加できなかったかたは、来年ぜひ参加して下さい!